普連土学園 中学校・高等学校

普連土学園 中学校・高等学校

previous arrow
next arrow
Slider

入試情報

【所在地】〒108-0073 東京都港区三田4-14-16
【電話番号】03-3451-4616
【ホームページ】こちらから
【学校長】学校長 青木直人

校風・教育方針

フレンド派の精神「簡素」「誠実」を旨として、生徒一人ひとりの持つ神の種子を大切に育てることを目標としています。少人数の家族的な学園です。

また、自分の持てるものを捧げる奉仕の精神を尊びます。そのほか、ネイティブの専任教師が、語学指導だけでなく国際的視野に立ったものの見方ができるように常に指導しています。国際性を育成するための教育活動として、イングリッシュ・ランチやイングリッシュ・キャンプなどの伝統ある行事も継承されています。

カリキュラムの特色・特徴

主要教科については、中学3年生のうちに高校の課程について学習する先取り授業を行っています。そのため、たとえば国語は、2年と3年では標準時間より週1~2時間程度多い時間配当になります。数学も中学3年間は標準時間より多い週5時間の授業で、基礎的な事項について十分に理解を深めるとともに、進度も早めていきます。

英語教育は伝統的に重視されており、中学1年では週6時間のうち2時間を、中学2~高校1年では、1時間を英会話の時間にあてて、ネイティブの教師による生きた発音で、英語を耳からしっかり身につけられるように指導しています。一人ひとりにきめ細かな対応ができるよう、英会話の授業ではクラスを3分割し、少人数制の授業を実施しています。また、中学1~2年の数学は全クラスでティームティーチングを実施し、中学3年ではクラスを2分割した少人数指導を行っています。高校では、古典、数学、化学、そして英語の授業で習熟度別クラス編成を行い、一人ひとりの進度に合わせた学習ができるようにしています。

高校1年までは、全員が共通科目を学習します。英語の授業は1年生は週7時間、そのうちの1時間は英会話にあてています。2年生からは全員が共通に学ぶ必修科目のほかに、選択科目の中から進路や適性に合わせて必要な科目を選んで学習します。英語は2年生では週6時間が必修になっていますが、さらに多くの英語の授業を選択科目の中から選んで受けることができます。3年生になると、選択科目の幅がさらに広がり、各自の進路に合った科目を選んで学習できます。

英語にはネイティブ教員によるイングリッシュ・コンポジションの授業があり、英語で論文を書くなど専門性の高い指導をしています。また、英語ボキャブラリーと漢字について中高別の一斉テストを行っています。

ほかにも、補習授業を充実させて、進学に役立てるとともに、理解の足りない生徒のための指導も行っています。夏休みには、中学3年以上の学年に30を超える夏期講座を設けています。

環境・施設設備

緑に恵まれた落ち着いた教育環境です。生徒の机、椅子、床はすべて“自然”の手触りを大切にした木製を使用しています。

どの校舎も、生徒の生活の場として学習・健康・情報・安全などの面から配慮されています。中学校舎は学校建築の秀作として高い評価を受けており、2017年3月には「東京都選定歴史的建造物」の一つに選定されました。

学校行事・クラブ活動

5月に行われる体育祭、クラス展示や英語劇など、趣向をこらした展示や舞台発表でにぎわう10月の学園祭は、中学生と高校生が一緒になって繰り広げる最大のイベントです。ほかにも、遠足、プレイデイ(球技大会)、合唱コンクール、夏季キャンプ、歌舞伎鑑賞教室、文楽鑑賞教室、能楽鑑賞教室など、多彩な行事が年間を通じて行われています。

中学3年希望者の夏のイングリッシュ・キャンプは、生きた英語を身につけることができる楽しさいっぱいの伝統あるキャンプです。修学旅行は中学3年生は東北、高校2年生は奈良・京都方面へ出かけます。

クラブ活動は、中学生と高校生が一緒になって活発な活動をしています。文化系クラブは、演劇、コーラス、手話、陶芸、茶道、吹奏楽、美術、音楽、放送、E.S.S.、軽音楽、理科、囲碁の13部、運動系は、テニス、バドミントン、剣道、ソフトボール、体操、バレーボール、バスケットボール、フォークダンス、ハイキングの9部があります。

2020年度 学校説明会・公開行事 日程

恐れ入りますが、本校のホームページにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました