明治学院 中学校・東村山高等学校

明治学院 中学校・東村山高等学校

previous arrow
next arrow
Slider
明治学院中学校・東村山高等学校 キリスト教活動紹介

基礎情報

【所在地】〒189-0024 東京都東村山市富士見町1-12-3
【電話番号】042-391-2142
【ホームページ】こちらから
【学校長】伊藤 節子

校風・教育方針

明治学院は、創立以来157年にわたる歴史をとおして、日本におけるキリスト教学校教育の要としての役割を担ってきました。

東京の東村山の地に建つ中学校・東村山高等学校は学院の建学の精神「キリスト教に基づく人間形成」を目指して「道徳人・実力人・世界人の育成」という教育目標を掲げています。一日の学校生活が礼拝によって始まるのはキリスト教学校ならではの光景です。また、中学・高校ともに週1時間の聖書の時間が設けられるなど、キリスト教に立脚した「自立した人間」の育成のために、教育活動を展開しています。

カリキュラムの特色・特徴

中学・高校ともに週6時間の英語の授業があり、高校3年生ではさらに多く選択することも可能です。高2まで各学年に週2時間のネイティブ教師による授業があります。4技能の習得をめざした教材を用いています。全学年でGTECを受験し、英語の実力の伸びを検証しています。

進路指導については、高2からコース制を導入しています。A. 明治学院大学推薦進学 B. 文系他大学進学 C. 理系受験進学の3つのコースに分かれて学習に取り組みます。他にも生徒の希望の進路を実現するため、芸術関係など多様な進路に対応した指導を行っています。

環境・施設設備

桜や松の樹木が多い5万6千㎡の広大な校地に、校舎をはじめとする施設が点在しています。特に、チャペルやライシャワー館は歴史を感じさせる建物であり、聖書に登場する植物が植えられている「聖書植物園」は明治学院創立120周年を記念して作られたものです。また、グラウンド、体育館、柔剣道場、テニスコート、プールなど体育施設が充実しているのも特徴です。1998年に完成した校舎は、バリアフリーで車椅子にも対応できます。既存の校舎も耐震工事済みです。2015年度には、理科の授業の更なる充実をめざし、武蔵野の自然を感じさせるビオトープ(生物生息空間)を整備しました。また2016年夏に2万平方のグラウンドの人工芝化と内周路の整備も完成し活用されています。

学校行事・クラブ活動

学校行事は、6月の修養会・研修旅行、秋の体育祭、11月のヘボン祭(文化祭)、2月の中学合唱祭など盛りだくさんです。さらに、夏休みの臨海教室や冬休みのスキー教室など、希望者を対象とする行事もあります。クラブ活動は自由参加で、運動系の数が多いのが特色です。また、ハンドベル部があり、アメリカ演奏旅行も行います。キリスト教研究会や聖歌隊もキリスト教学校ならではの特徴です。

国際交流面では、中学3年生の希望者を対象にカナダで約2週間のサマーキャンプを実施し、生徒たちには貴重な体験となっています。高校生を対象としたアメリカホームステイは、教会の所属するクリスチャンファミリーの家庭に、夏休みの40日間一人ずつ滞在します。

その他、高3の3学期に、大学進学内定者を対象としたアメリカでのウィンターイングリッシュプログラムも実施しています。高校では、おこづかいを出しあって1クラスで1名ずつ、フィリピンの子供の就学を支援するボランティア活動にも取り組んでいます。

2020年度 学校説明会・公開行事 日程

恐れ入りますが、本校のホームページにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました